モアブログアーカイブ【番外編】東京マラソンをアルビユニを着て走ってきました

モアブログアーカイブ【番外編】東京マラソンをアルビユニを着て走ってきました

この記事は、新潟日報モア「サポーターブログ」の再掲載です。序文はこちら

【番外編】東京マラソンをアルビユニを着て走ってきました

2014年03月01日

皆さん、はじめまして。新潟市から首都圏に出てきて十数年、関東圏の試合に主に参戦しています、橋本賢二と申します。
今回「モアブログを書いてみませんか?」とお話があり、突然ですが番外編を書かせて頂きました。
どストレートなアルビレックスの話ではありませんが、読んで頂ければ幸いです。宜しくお願いします。
 
さて今回、何故いきなり声を掛けて頂いたかというと…題名でお分かりかと思いますが、去る2月23日に日本屈指の一大イベント「東京マラソン」に、アルビレックスのユニフォームを着用して参加してきました。
 
 
僕は今まで他のマラソン大会でも、アルビユニを着て参加してきました。
ユニを着ていると
「アルビ頑張れー!」
「新潟頑張れ!」
や、
「亀田製菓!」とか
「亀!(笑)」と、
沿道から沢山の声援を貰い、走ることが出来ます。
42.195kmのフルマラソン、苦しいのは当たり前で、そんな中での応援してくれる沿道の声援というのは絶対的に力になります。そしてユニフォームを着ていれば、普通の声援の他に、自分個人にも声援が飛ぶのです。
更にはアルビレックスの存在をアピールする事も出来るという、ユニを着て走るというのは素晴らしき一石二鳥なのです。
20140301-1.jpg
東京マラソンスタート地点(都庁前)

今回はさすが日本一のマラソン大会、物凄く多くのご声援を頂きました。本当に有り難かったです。パワー漲りすぎて、オーバーペースになったくらいです(笑)。
何とアルビのフラッグを掲げて声援を送っていた方もいらっしゃいました。
ランナーの中にも、僕と同じくユニを着ていた方と数名会いました。中には某選手の後援会の副会長さんもいらっしゃいました。「富山県民だけど、ホーム開幕戦行くよ!」と声を掛けてきてくれた人なんかも。ランナー同士も「お互い頑張りましょう!」と声を掛け合って、お互い励まし合って走りました。
あっ、レルヒさんのかぶりものをしていた人も沿道にいました(笑)。
20140301-2.JPG
妻が沿道から撮ってくれました!
 
アルビレックスのアピールも良いのですが、僕には他にもアピールしたいものがありました。
 
去年「42300通のラブコール作戦」がありましたよね。あの時僕は大好きな内田選手に
「東京マラソンでウッチーのユニフォーム着て走ります!」
と書いて贈り、一方的に約束をさせて頂きました(笑)。
 
僕は去年の最終節、ビッグスワンには行っていませんでした。直接ウッチーに声援を送ったり気持ちを表したりをしていないのです。
なので、この注目の集まる(更に全国テレビ放送もある!)東京マラソンで、新潟の内田潤という素晴らしかった選手をアピールしたい、ウッチーを背負うと頑張れてきた1サポーターを見て欲しい、そんな想いを込めていました。
 
苦しい時には、アイシテルニイガタを頭の中に流す、耐えて接戦を制した時の歓喜を思い出す、選手はキャンプでもっと辛い練習をこなしているのだからと考える、そしてウッチーを思い出す…等と色々アルビのことを考えて、苦しくても必死にモチベーションを上げて走っていました。
人生がマラソンに例えられることはよくある話ですが、人生もマラソンも、共にアルビに支えられているというのを考えると、何だか納得できる気がします。
 
結果、目標としていたベストタイム更新を叶えてゴール。
僕はフィニッシュしたらカメラに背中の「17 UCHIDA」を見せようと決め込んでいましたが、ゴール後に背を向けた直後、脚が言うことを聞かず縺れてしまい、転倒寸前でボランティアのおじさんに身体ごとキャッチしてもらい助かりました(苦笑)。しかも後で録画していた中継を観るも、ゴールシーンは映っておらず、トホホです。
 
…ま、想いは伝わったかどうかでなく、伝えることが大事です。ラブレター作戦もそうでした。
ウッチーのことを考えて苦しくも絶えて走って、目標達成。僕は、満足です。
この場を借りて改めて…内田潤選手、お疲れ様でした。ありがとうございました。
20140301-3.jpg
 
えー、アルビレックス目線以外の部分なのですが、印象的な出来事をもう1つ。
 
今回、当日朝に偶然「日本サッカーチームユニフォーム着用ランナー スタート前決起集会」というイベントに出会いました。Jサポ同士で集まって気合い入れましょう!というイベントです。
僕は参加できませんでしたが、その後沿道で声援を送っていたところを発見することができ、パワーを貰えました。
こういったJサポ同士で集まろう!というイベントは、フジロックを筆頭に他のフェス等でも最近行われており、大変素晴らしい試みだと思います。
 
走っている間、アルビレックス以外の他のチームのランナーや応援の方々も大勢いたのですが、その人達も僕を見つけると大きな声で応援してくれました。本当に沢山の声援を他のサポーターの方々からいただきました。
普段はライバルであってもJリーグというカテゴリーでは皆仲間。Jリーグをアピールするということは全チーム共通の願いでもあります。皆でJリーグを盛り上げよう!という視点も、いつも持ち合わせているべきですね。
20140301-4.jpg
企画者まこつさんから決起集会の様子の写真を頂きました。
決起集会について詳しくは…
http://twipla.jp/events/76466

僕は首都圏在住ですし、仕事やその他、自分の人生もあります。そんなに沢山試合観戦には行けません。
だけど、自分なりに出来ることはある。たとえ直接的でなくとも、一見関係無いような事でも。
僕は今回このような形でアルビレックスやJリーグをアピールしたというだけで、うん自分なりで良いのだと思います。
このモアブログもそうですし、自分が出来る範囲で出来る事を、サポートをやっていけば、アルビレックスやJリーグの未来もより良いものになっていくのかなと感じます。
 
今年もいよいよシーズンスタート、より一層のJリーグの盛り上がりに期待しましょう!
そして、僕たちアルビレックス新潟もどんどん盛り上がって、旋風を巻き起こしてやりましょう!!
読んで頂きありがとうございました。
 
 
追伸…
4月に茨城で行われる「かすみがうらマラソン」にもエントリーしているので、そこでもユニフォームを着て走ってきたいと思います!
応援よろしくお願…いや、いいっす。その分チームへ声援を宜しくお願いします!

橋本賢二
1982年、新潟市生まれ。高校卒業と同時に上京。帰る度にオレンジ色に染まっていく実家を見て段々とアルビレックスにハマる。サポーターとしての恩師は母親。スタジアムにはハイスタのTシャツ、ライブやフェスにはユニやアルビウェイTを着ていくのがポリシー。ちなみに新婚。

オレラグはアルビレックスサポーターみんなでつくるサイトです。#オレラグでつぶやきお待ちしてます!