モアブログアーカイブ【番外編】タイトル、そしてACLへ。一緒に駆け上がろう!

モアブログアーカイブ【番外編】タイトル、そしてACLへ。一緒に駆け上がろう!

この記事は、新潟日報モア「サポーターブログ」の再掲載です。序文はこちら

【番外編】タイトル、そしてACLへ。一緒に駆け上がろう!

2014年02月26日

皆さんお久しぶりです!長いようで短かったオフシーズンが終わり、僕たちの2014シーズンもいよいよ開幕ですね!今年はどんなサッカーが見れるのか、そしてアルビレックスがどこまでいけるのか、皆さんの心もワクワクでいっぱいなのではないでしょうか。
やはり開幕っていいですね。僕たちの日常にサッカーが戻ってきます。
 
さて、アルビレックスは先週末でキャンプを打ち上げ新潟に戻ってきました。1カ月もの長いキャンプを張るのは雪国のチームの宿命。その分、密度が高いトレーニングができ、チームとしての結束力も強くなっているのではないでしょうか。まさに「新潟らしさ」をシーズンを通して発揮するための大切な期間ですね。
この長く厳しいキャンプの初日である1月24日、僕はゴール裏で一緒に応援する関東在住の仲間と1次キャンプが行われる静岡県沼津市に行ってきました。東京から沼津は車で1時間半くらい。近い!天気も良く、富士山もきれいに見えました。完全にドライブ気分(笑) そんな僕らとは違い、新潟から一人で車を走らせてきた仲間は疲れ果てていました(笑) 
  
201402261.jpg 201402262.jpg

それはさておき、僕らがここに来た目的はチームを鼓舞すること。早速、メッセージ幕の作成に取り掛かりました。
201402263.jpg
  
スプレー幕を作成する職人(笑) 職人曰く、「俺達」や「一緒に」といったワードは書いている回数も多く、かなり上手く書けるとのこと。
 
そして完成した幕がこちら。
201402264.jpg
 
『タイトルそしてACLへ。一緒に駆け上がろう!』
監督からも選手からも明確に「ACL」というワードが聞けて僕はとてもうれしいです。
チームがそこを目指す以上、僕たちサポーターは全力でサポートするしかないですよね!
チームと僕たちが「一緒」になって駆け上がり、シーズンが終わったときに一緒に笑いましょう。
 

こちらは新潟の新10番、アトム選手への幕。

201402265.jpg
新潟出身の選手がアルビレックス新潟の10番をつける日がついにきましたね。
より一層の活躍を期待して応援しましょう!
 
 
こんな感じでキャンプに行ってきました。
キャンプ初日ということもあり、練習は1時間程度。GK以外はボールを使わないトレーニングだったこともあり、この時点ではどの選手がどういうプレーをするのか全然わかりませんでした。
そして風がとても強く、何度も幕を貼りなおしていたので、そもそも練習自体をよく見れませんでした(笑)
しかし、僕らが出したメッセージはチームに確実に伝わったようで一安心。行ってよかったなと改めて思えました。
 
このキャンプ初日から1ヵ月。厳しいトレーニングを積んできたチームは確実に成長していると思います。
去年の終盤の躍進もあり注目度も上がり、例年とは違ってアルビレックスが上位に喰い込んでくると予想している解説者の方もいますね。
うれしことですが浮かれることなく、新潟らしく粘り強く闘っていきましょう。
その先に去年の感動を超える何かがまっているはずです。
 
それではみなさん、今週末は仙台でお会いしましょう!今年もよろしくお願いします!

渡邉林太郎
1992年1月11日、新潟県生まれ。J2初年度、父親の影響を受けアルビレックスを応援し始める。翌2000年から本格的に試合観戦を始める。以来、ゴール裏での応援を続け、現在は太鼓の叩き手として活躍中。大学進学のため上京し、関東から毎試合スタジアムに通う日々を送っている。

オレラグはアルビレックスサポーターみんなでつくるサイトです。#オレラグでつぶやきお待ちしてます!