モアブログアーカイブ【番外】山形にできてんのに新潟にできないわけないべした

モアブログアーカイブ【番外】山形にできてんのに新潟にできないわけないべした

この記事は、新潟日報モア「サポーターブログ」の再掲載です。序文はこちら

【番外】山形にできてんのに新潟にできないわけないべした

2013年11月08日

※「べした」は山形の方言で、強調するときに使うそうです

アルビサポーターの皆さん、はじめまして。私は山形からアルビを応援している竹尾佳奈と申します。
 
最初と言うことではじめに簡単に自己紹介をさせて下さい。私は新潟出身新潟育ち。地元は神田勝夫強化部長と同じ。
 
高校入学時までは全くサッカーに興味はありませんでしたが、小学校、中学校と地元がサッカーが盛んの地域だったこと、そして高校とこれも何かの縁なのか、たまたまサッカーの強い高校に進学してしまったことで県大会の決勝とかは全校応援があったりとサッカーは意外と身近な存在だったのかもしれません。2001年にビッグスワンが完成したときに母親が地元出身の選手(神田さんが現役だった)もいるみたいだし、ビッグスワンに一度行ってみたいと言い招待券で観戦したのがきっかけでアルビレックスに夢中になっていきました。
 
学生を卒業してからは就職の関係で東京に住みました。その時にはスタジアムやアル関ことアルビレックス関東プロジェクトを通してフリーペーパーAlbiwayのお手伝いをさせて頂くようになり新潟だけでなく関東にもアルビサポ仲間が増えていきました。そんな充実した東京生活だったのですが、先月から事情により縁あって山形市に住むことになりました。そこで今回は山形に住んでみて思ったこと感じたこと、山形では『モンテディオ山形』がいかに生活の一部になっているか率直に書いていきたいと思います。
 
まず、山形駅に降りたときに感じたこと『知ってる人もいない土地で生きていけるのか?でもサッカーチームがある土地で良かったのかも。天皇杯浦和に勝ったし…』
 
そして、山形市役所に転入届を出しに行った時の衝撃は忘れられません。 駐車場にモンテディオ山形の全選手の写真が集合写真ではなく一人一人貼ってあること。市役所の入り口にはj2の順位表が貼ってある。 そして、それだけではなかった! 一番の衝撃は市役所に入ってすぐ目につく階段がモンテディオのキャラクターのデザイン!!! 新潟市役所にはないよなぁ…東京の区役所にもなかった。私にとっては驚きで誰も写真撮っている人なんていないのに思わず写真を撮ってしまいました…。
kana4_01.JPG
kana1_01.JPG

そして驚きはこれだけではありません。転入届を出し住民票をもらう。 その封筒には…
『共にJ1へ!がんばれ青き戦士達。山形市民はモンテディオ山形を応援します』
なんてキャラクターつきで書いてあるわけで。 市役所に来ただけで驚きの連続。
 
kana2_01.JPG
 
私、モンテディオサポじゃないよ…なんて思いつつも生活をしていくと、山形では生活の一部になっているんだなと思います。
 
市役所でもらう暮らしのガイドにはもちろんモンテディオのこと。チケットの購入方法や、スタジアムへのアクセス、また募金方法についてなど詳しく。
募金は街中至るところに支援の自動販売機や募金箱があったりするのですが、募金箱に1000円以上募金をした方にはモンテディオのリボンマグネットがもらえちゃう!リボンマグネットの柄は毎年違うそうでこれなら毎年募金しちゃうなと思いました。走ってる車にはそのリボンマグネットを貼った車がたくさん走っている。この間軽トラにはってあったのにはびっくりでした。
kana5_01.JPG
kana3.jpg
 
 
スーパーに行けば試合の告知横断幕や旗がある。 地元TV局のモンテディオの応援番組には選手とキャラクターが生出演。新潟でもそうですが、月曜日の夕方県内ニュースの時間には各局週末のモンテディオの試合結果の放送。東京では夕方のニュースで県内ニュースになる頃の時間帯はニュースじゃなくてグルメなどの特集なのですごく新鮮。思わず見いってしまったり。今驚きの連続です。もしかしたらもっと色々あるのかもしれません。
 
今野球では楽天が日本一になり東北地方が盛り上がっています。山形は二軍の本拠地と言うのもあり、スーパーやどこに行っても楽天一色です。もし、モンテディオが優勝したら今もすごいのにどんなになっちゃうんだろうと思ってしまいました。
 
ご存知の方も多いと思いますが、モンテディオは株式会社ではなくJリーグ唯一の公益社団法人なんです。(来年から株式会社化しますが)行政の協力がすごい!というのが率直に感じたことです。
 
『行政がいち株式会社に肩入れ出来ない』と言われたことがあったと聞きました。
 
分かります。ですが、新潟を盛り上げたいと言う思いは一緒ではないでしょうか。
 
今年の夏に新潟市役所で行われたクールビズ期間のオレンジ色のオリジナルTシャツ着用だったり、新潟駅のポスタープロジェクトや新大プロジェクト、オレンジバナーやのぼりなどの掲出依頼活動のホームタウンオレンジプロジェクト。新潟でも確実に裾野は広がってきています。 ですが、他チームに出来てアルビで出来ていないこと。アルビにしか出来ないこと。私もクラブに提案したいことあります。
 
これからもっともっとアルビが上を目指すため、満員のビッグスワンが見たい!そのために選手、サポーター、クラブ、行政。みんなが一体となりアルビを盛り上げていけたらと思います。


竹尾 佳奈
1985年生まれ。新潟出身新潟育ち。就職で上京するも現在は山形在住。
2001年ビッグスワン完成時に町内会の招待券で初観戦。初観戦が楽しくて、以来頻繁に試合に行くようになる。 東京に在住時関東awayを中心に応援していたが、山形人となった今後は逆にホーム戦を中心に応援予定。またAlbiway編集部ではブログ担当として活躍中。朱に交わって「なまり」そうなのが最近の悩み。

オレラグはアルビレックスサポーターみんなでつくるサイトです。#オレラグでつぶやきお待ちしてます!