モアブログアーカイブ【燃え上がれ清五郎】アルビの魅力

モアブログアーカイブ【燃え上がれ清五郎】アルビの魅力

この記事は、新潟日報モア「サポーターブログ」の再掲載です。序文はこちら

【燃え上がれ清五郎】アルビの魅力

2013年10月24日

 
 いつもコラムに参加させてもらっているFROM CRESCENT渡辺より「一度、つっちもコラム書いてみない?」との連絡があり、今回はFROM CRESCENT土田が渡辺に代わり、コラムに参加させて頂きます。あまり文才が無いので、読みづらい文章になってしまってもお許しを。
 
 渡辺のコラムでも書かれていましたが、アルビのサポーターズCDに参加させて頂いて、本当に嬉しい限りです!その経緯については彼のコラムに書かれてましたが、バンドとしてアルビに関わらせてもらったと同時にどんどんアルビの魅力に引きつけられている一人として、どうしてそんなに引きつけられることになったのかを書いてみようと思います。
 
 自分がアルビについて一番魅力に感じていることは、Jリーグの他チームにはないファンの皆さんの温かさと、それに応えてくれる選手の誠実さではないかと思います。自分はFROM CRESCENTというバンドをやるため関東在住ですが、アルビを応援することがきっかけで関東近郊で試合をやる時には、自分の予定の中で出来うる限り会場に足を運んで試合を見に行くようになりました。
 
 その中で、味の素スタジアム、等々力競技場、鹿島スタジアム、日本平スタジアム、埼玉スタジアム2002、そして地元新潟のビッグスワン等いろいろな所に行って観戦しましたが、それぞれの地域性のようなものがハッキリと現れてるのだなと感じました。会場周辺の雰囲気、お客さんの雰囲気、応援の3つに集約されている気がします。県民性だったりクラブの歴史が大きく関わって、会場の雰囲気を形作っているというか。
 とても攻撃的な雰囲気の応援、長い時間をかけてサッカーと地域が密着して存在してきた様子、街全体がサッカーを中心に考えて作られている会場、驚くほど息の合った応援、他にも挙げればきりがありませんがそれぞれのクラブにしかないモノが現れていて、アウェーの試合を観にいった時の楽しみにしていることでもあります。 
 
 その中でも新潟の雰囲気や応援は、とてもサポーターの皆さんの年齢層の幅が広く、そしてどこまでも温かい応援でどんな状況下でもその姿勢を崩さないサポーター、そんな風に感じました。地元を愛しその地元新潟にあるサッカーチームをみんなでどこまでも応援していこう!という粘り強く、そして一度好きになった相手を絶対に裏切らない、そんな新潟の県民性が出ているなと思うし、これがアルビの最大の魅力でもあるなと思います。

 新潟を長く離れているとそんなアルビをとても誇りに思います!他の県からの出身者が多く集まる関東では、地元についてどんなところか?と聞かれることが多いんですが、真っ先にアルビの話をするととても興味を持ってくれるんです。それに、ホーム戦を観に車で新潟に来た時、試合前に家族や友達と共にビッグスワンに向かう姿、試合後に会場をあとにする様子を見ると、地元にこういう環境が定着してきたという状況に胸が熱くなりますね!自分が新潟にいた頃にこんな体験が出来てたらなと、新潟で楽しんでいる皆さんの姿を見て羨ましく思っています。
 
 そして、そんな温かいサポーターの皆さんの気持ちに応える選手の姿。特にFROM CRESCENTに関わりが多い部分で、田中亜土夢選手の対応に心打たれる出来事がありました。以前にアルビのスタッフさんの計らいで選手にインタビューをさせて頂く機会があり、その時に初めて亜土夢選手と話す機会を頂きました。地元新潟の話で盛り上がりその流れで当時FM PORTで担当させてもらっていた僕らの番組に出て下さい!とお願いしたところ快諾!サプライズ企画で本当に出演してくれたんです!
 さらに、そのコメントで「僕のチャントをやって欲しい」と言ってくれて、僕らメンバーのテンションは最高潮に!でも、やろうと思ってもそう簡単に出来る事ではないので、どうしたらいいのかと思っていたところ、今年のサポーターズCDへの参加依頼を頂き約束を果たす事が出来ました。アルビ以外のチームでこんな事は実現出来ないんじゃないかと思います。最初は全然知らなかったであろう僕らにも、こんなにも選手が気さくに対応してくれたり、スタッフさんが手伝ってくれるアルビというクラブは本当に素晴らしいと思います!僕らに対してもこういった対応をしてくれるという事は、きっといつも応援してくれるサポーターの皆さんに対してもとても真摯に対応しているんだろうなと思います。
 
 こんな愛すべきチームが新潟にある事をもっとたくさんの皆さんに知って欲しいし、音楽を通じて、そして個人的に友達にも伝えていけたらいいな思っています。もっと会場でサッカーを見てみて欲しい!そんな思いでいつも楽しませてもらっています。
 
 上手くまとめられたか自信が無いですが、最後まで読んで頂いてありがとうございます!アルビのおかげですっかりJリーグの虜になっているので、これからもずっと楽しんでいきたいと思います。また、ホーム戦開催の試合でカナール水上ステージ等でライブをさせてもらえる機会があれば、皆さんと会場でお会いしたいです!その時を楽しみにしています!
 
------------------------------
20130725.JPG
土田拓也(写真左)
1982年生まれ。新潟県旧亀田町出身。幼なじみ3人で結成されたバンド、FROM CRESCENTのドラム担当。ビッグスワン脇のカナール水上ステージでのフリーライブなどを通して、アルビレックス新潟を熱狂的に応援し続けている。公式サポーターズCD『LA FAMILIA』(2012年)、『IT'S SOUL』(2013年)に参加、バンドアレンジされた選手チャントやオリジナルソングが収録されている。
 

オレラグはアルビレックスサポーターみんなでつくるサイトです。#オレラグでつぶやきお待ちしてます!