週刊アルビレックス新潟ヘッドライン 2020.11.17 - 23

週刊アルビレックス新潟ヘッドライン 2020.11.17 - 23

 

毎週火曜日発行!一週間のアルビレックス新潟のWEBニュースやTwitter情報をナナメ読み。週刊アルビレックス新潟ヘッドラインです。今週はツエーゲン金沢戦の様子を中心にまとめます。それではどうぞ!

11/19

新井選手 左足の手術を実施

第33節で負傷した新井選手の手術が行われました。詳細はクラブ公式の発表をご覧ください。全治3ヶ月ということで、今シーズンの復帰はありません。来シーズンの開幕にギリギリ間に合うかどうかといったところでしょうか。しっかり治して、またピッチで躍動する姿を観たいです!新井選手、がんばれ!

11/21

前半戦の借りを返す!金沢に2-1で勝利!

11月21日土曜日、アウェイでツエーゲン金沢と対戦したアルビレックス新潟は、2-1で見事勝利を掴みました!

近県アウェイの金沢戦。3連休も初日ということで、多くのアルビサポがビジタースタンドに駆けつけました。

金沢のスタグル。まさかスタジアムで焼き牡蠣が食べられるとは!金沢恐るべしです。

今節のスタメン。メンバーという点ではあまり変化をつけられなくなってきました。これ以上けが人が増えないことを祈ります。

試合の詳細はコチラをチェック!

後半10分 鄭大世選手 強靭な体幹を武器に貴重な先制点!

後半25分 堀米悠斗選手 本間選手からのクロスを落ち着いてゴール!

中島選手のミスから失点し、その直後堀米選手が取り返したことを言っているようです。さすが我らがキャプテン!

アルビサポも大歓喜!最高の勝利です。

アウェイ戦では珍しく、ピッチサイドの客席にもビジターサポを入れている金沢。そのサポーターと一緒にバンザイ五唱をする堀米選手。その素晴らしい人間性に惚れ直したサポも少なくないのではないでしょうか。

金沢のマスコット(?)キャラクターのヤサガラス。ツエーゲン金沢(ゲンゾイヤー)と敵対しているので、ビジターサポの肩を持っています。

勝ち越しゴールへの起点はマウロ選手でした。VAMOS!!!!!

アルベルト監督は上杉謙信の言葉を引用してツイート。その博学さとホームタウンを想ってくれる気持ちが素晴らしい。

〈現代語訳〉 そもそも、運は天上が決めること。自分ではどうすることもできない。 でも、鎧(よろい)を胸に着るように自分の身を守ることは、自身の能力や心や日々の準備でできる。 手柄も天に与えられる物ではなく自力で勝ち取ることもできる。 勝負は運任せにせず、常に敵の情報を収集し、自分の手の上で転がすように戦わなければ勝てない。 死ぬ気で戦えば生き残り、生き残ろうとするだけなら死ぬもの。

今シーズンも残りわずか。少しでも可能性がある限り、上を目指していきましょう。次も勝つ!

オレラグはアルビレックスサポーターみんなでつくるサイトです。#オレラグでつぶやきお待ちしてます!