週刊アルビレックス新潟ヘッドライン 16 - 22 Jul. 2019

週刊アルビレックス新潟ヘッドライン  16 - 22 Jul. 2019

毎週火曜日発行!一週間のアルビレックス新潟のWEBニュースやTwitter情報をナナメ読み。週刊アルビレックス新潟ヘッドラインです。今回は第23節レノファ山口FC戦を中心にまとめます。それではどうぞ!

大雨の山口は2-2のドロー

7月20日、アウェイでレノファ山口FCと対戦したアルビレックス新潟は、2-2で引き分けました。

大雨と強風が吹き付ける山口。ギリギリで試合中止にならないくらいの天候です。そんな中でも200人のアルビレックス新潟サポータ―が現地に駆けつけ、声援を送ります。 今回も活躍してくれるであろうブラジル人トリオ。レオナルド選手の投稿にはカタカナが使われています!センスが爆発していますね。素晴らしい。

この投稿をInstagramで見る

Match day ! #togetherwestrong #albirex 👊🏿

Cauê Silvaさん(@cauesilva18)がシェアした投稿 -

アルビレックス新潟の高木善朗選手と、レノファ山口FCの高木大輔選手は兄弟。父親は元プロ野球選手の高木豊さん。兄弟対決です!

大雨と強風のなか応援に駆けつけたアルビレックス新潟のサポーター。これを愛と言わずとして何と言う。

スタメンは前節と変わらず。

試合はというと、キックオフ直後からサッカーとは思えないようなピッチコンディション。ピッチのいたる所で水たまりができ、ボールは全く走りません。 そんな最悪の環境の中、両チームの選手たちは奮闘していました。0-0で折り返した直後の48分。コーナーキックを大谷選手が弾いたボールが相手選手の足元へ転がり、そのまま失点。またもセットプレーからの失点となってしまいました。 そんな中でも56分、レオナルド選手の技ありのループシュートで1点を返します。すると続く76分、フランシス選手のスルーパスに反応したレオナルド選手の本日2点目のゴール!逆転! 山口の猛攻を受けながらも耐えていたアルビレックス新潟でしたが、93分、ついに失点。痛い引き分けとなりました。

えのきどさん。こういう試合だからこそ、勝ち点を積みたかったところ。

是永社長。勝ち点3を目前で失ってしまったのはショックですが、選手やスタッフ、サポーターは本当によくやっていたと思います。

かなり厳しい環境でのサッカーを強いられたチームとサポーター。大雨と強風の中、本当によく頑張ったと思います。体調を整えて、次のホーム戦に備えましょう。

ユースチームとのTMは大勝!

7月21日、アルビレックス新潟は、アルビレックス新潟U-18とトレーニングマッチを行いました。結果は7-0の大勝。ユースチームといっても日々厳しい練習をしている若手。やっぱりプロってすごいですね。

選手環境改善募金が開始!

7月下旬より、選手環境の改善・整備を目的とした「選手環境改善整備募金」が開始されます。この募金は主にクラブハウスの環境改善に充てられます。僕たちの支援がそのまま選手のコンディションに繋がる大事な募金。1口5000円はあくまで目安で、少額でも受け付けているとのこと。出来る範囲で募金に協力していきましょう。

あとがき

セットプレーからの失点が止まりません。練習はしているんでしょうが、あんまり上手くいっていないんでしょうか。本格的な夏が始まる前に修正してほしいです!がんばって!

ニラサワ
ニラサワ
長岡出身東京在住のアルビレックス新潟サポーター。2019年シーズンより、アウェイゲーム限定サポーターズフリーペーパー『AlbiWAY』の編集長もやってます。最近読んだおすすめマンガは『町田くんの世界』と『村井の恋』。
さいとー
さいとー
新潟市中央区在住。仕事の都合でJ1昇格とともにアルビを卒業する。年齢を重ね仕事も落ち着いた2016シーズン最終節に再びビッグスワンにもどってきた男です。趣味は深夜ラジオを聴くこと。

オレラグはアルビレックスサポーターみんなでつくるサイトです。#オレラグでつぶやきお待ちしてます!