週刊アルビレックス新潟ヘッドライン 10 - 16 Sep. 2019

週刊アルビレックス新潟ヘッドライン  10 - 16 Sep. 2019

毎週火曜日発行!一週間のアルビレックス新潟のWEBニュースやTwitter情報をナナメ読み。週刊アルビレックス新潟ヘッドラインです。今回は第32節 東京ヴェルディ戦を中心にまとめます。それではどうぞ!


なんとか追いつく!東京とドロー

9月14日土曜日、アルビレックス新潟はホームに東京ヴェルディを迎えた試合は、1-1のドローで勝ち点1を獲得しました。

すっかり秋も深まったこの日。非常に過ごしやすい気候で、抜群の応援日和となりました。この試合は今年最後のホームのナイトゲーム。つまり勝利の凱歌と共にペンライトを振るイベント『プラネタスワン』が出来るのもこの日が最後となります。 そんな超重要な日に気合の入るブラジリアンカルテット。今節はカウエ選手が出場停止から帰ってきました!

この投稿をInstagramで見る

Match day ! ⭐️👊🏿

Cauê Silvaさん(@cauesilva18)がシェアした投稿 -

今節の相手、東京ヴェルディには東京オリンピック世代の井上選手が。もちろんスタメンで出てくるでしょう。要注意です。

スタグル!女池ハムの燻製鴨ステーキ。なにこれめっちゃ美味しそう…!次食べます。

今節のスタメン。出場停止から帰ってきたカウエ選手はベンチスタートになりました。

綺麗な夕日に染まるデンカビッグスワンスタジアム。やってくれそうな気がします!

16日が敬老の日ということで、この日はエスコートキッズならぬエスコートおばあちゃんとフラッグおじいちゃんと共に選手が入場していました。とっても素晴らしいイベントだと思います!

そして試合前、Nスタンドには千葉の台風で被災された皆さんに向けた横断幕が掲げられていました。サポーター同士のみならず、すべての人たちへと支援の輪を広げていきましょう。

試合はというと、前半開始直後は押し込まれていたものの、シルビーニョ選手、フランシス選手のシュートから徐々に新潟のペースになっていきます。大谷選手のビッグセーブもあり、前半は0-0で折り返します。 後半開始早々6分、堀米選手がペナルティエリア内で相手選手を倒してしまい、PKを献上。キッチリ決められて失点。その後は厳しい展開が続きます。かなり激しく押し込まれていたものの、またも大谷選手のビッグセーブでなんとか防ぎます。すると後半32分。右からのコーナーキックをシルビーニョ選手が頭で合わせて同点!その後も果敢に攻めますが、最後まで逆転ゴールは奪えず、1-1のドローに。勝ち点1を分け合いました。

勝ち切ることが出来ませんでした。なんとも悔しい。たらればを言ったらきりがありませんが、チームも僕たちも次の試合に向けて準備をしていくだけです。次こそは完勝するぞ!

群馬とのTMも1-1のドロー

9月15日、アルビレックス新潟はザスパクサツ群馬とトレーニングマッチ。こちらも1-1でドローとなりました。

あとがき

結局一度もプラネタスワン出来ず…笑 ペンライトは来年に取っておきます!さて、次はアウェイゲーム。ヴァンフォーレ甲府との伝統の川中島ダービーです。みんなで勝ち鬨を上げましょう!

ニラサワ
ニラサワ
長岡出身東京在住のアルビレックス新潟サポーター。2019年シーズンより、アウェイゲーム限定サポーターズフリーペーパー『AlbiWAY』の編集長もやってます。最近読んだおすすめマンガは『昴とスーさん』と『裸一貫!つづ井さん』。
さいとー
さいとー
新潟市中央区在住。仕事の都合でJ1昇格とともにアルビを卒業する。年齢を重ね仕事も落ち着いた2016シーズン最終節に再びビッグスワンにもどってきた男です。趣味は深夜ラジオを聴くこと。

オレラグはアルビレックスサポーターみんなでつくるサイトです。#オレラグでつぶやきお待ちしてます!