【AlbiWAY】育成のヴェルディ by 誠ボランチ

【AlbiWAY】育成のヴェルディ by 誠ボランチ

中島翔哉、安西幸輝、畠中槙之輔など数々の代表選手を世に輩出してきた東京ヴェルディ。そんなアカデミーの育成に定評のある東京ヴェルディが高校生、大学生を対象に開講しているビジネスカレッジをご存じでしょうか。その名も「ヴェルディカレッジ」。(以下カレッジ)未来のビジネスマンを育成する場として2019年に開講し、今年で3期目を迎えています。かくいう私もカレッジ2期生として昨年1年間活動していました。

東京ヴェルディが開講しているカレッジとはいえヴェルディサポの学生ばかりがいる訳でもなく、私のように他のJクラブ、あるいはプロ野球の球団を応援する学生も多くいました。ただカレッジ生全員に共通していたのは「新しい一歩を踏み出したい」という強い思いを持って入学を決めている所。私自身、残された学生生活の中でもっと様々なことを経験したいと思い、就職を1年後に控えたタイミングで入学を決意しました。
カレッジのコンセプトはスポーツ現場を通じた優秀な人材の輩出。スポーツ業界に限らずどんな業界でも、それぞれがやりたいことを見つけて意思を持って楽しく働ける人材を輩出することを目指し開講しています。

ではなぜ東京ヴェルディはスポーツクラブを題材にしたビジネスカレッジを開くのか。その答えのひとつに、スポーツクラブ特有の多種多様な業務の存在が挙げられます。カレッジの活動でもスポンサー営業に関わる学生もいれば、SNS運用に関わる学生、私のようにホームタウン活動に携わる学生などがおり、それぞれ売るもの、扱う物が異なっていました。
ただそんな多種多様な業務の中でも一貫して私が大切だと感じたのはカレッジが目指す「自分の意思を持って楽しく働く」こと。今春から就職し、忙しさから日頃の業務をこなすことに精一杯になることもありますが、そんな時こそカレッジで学んだこの精神を忘れてはいけないと自分に言い聞かせています。

またこの精神はサッカーにも通ずる所があるのではないでしょうか?目指すサッカーが出来なかったり、負けが込んだりすると選手もサポーターもサッカーそのものを楽しむ意識が薄れてしまいがちです。最近は昇格に向けてモヤモヤする試合が続いていますが、こんな時こそ選手もサポーターもポジティブな感情を持っておきたいもの。この逆境を跳ね返すほどのポジティブ精神で昇格争いを制しましょう!エンジョイフットボール!!!

この記事は、フリーペーパー“AlbiWAY”のコラムです。続きは紙面でご覧ください。

AlbiWAY
Albirex+AWAY=AlbiWAY! アルビレックス新潟サポーター有志で制作から印刷、配布まで行うフリーペーパー「AlbiWAY(アルビウェイ)」です。試合の見どころやコラム、アウェイを楽しむ情報を中心に掲載し、アウェイ開催のスタジアムで配布しています!

オレラグはアルビレックスサポーターみんなでつくるサイトです。#オレラグでつぶやきお待ちしてます!