【AlbiWAY】こちら教科書販売所 鈴木孝司 by Ryu

【AlbiWAY】こちら教科書販売所 鈴木孝司 by Ryu
 

ワントップストライカー、それは攻撃の支柱。そして、個人で戦う場面がどうしても多くなるポジションです。このポジションの選手は、ほとんどが2パターンのプレースタイルに分けられます。
1つ目が、鄭大世のようなフィジカルの強さが特徴の選手です。こういった選手がいると、ロングボールのファーストチョイスになりやすく、ボール預けて2列目の選手が一気に前に出ていきやすいです。もしくは、人数かけずに前線の選手だけで完結するパターンが多いですかね。

2つ目が今日ピックアップした鈴木孝司のような、しなやかなプレーをする選手です。相手の力の向きを見てターンしたり、スペースにボールを持ち運んだりするので、チームとしてボールを入れた後の選択肢が多くなりやすいです。イメージでいえば、風船みたいに指で押したら逃げていく感じですね。だからこそ孝司は、1人で抜け出すというよりもチームで崩すアルビレックスの戦術にマッチしているように思います。

そして孝司で何よりも注目してほしいのは、クロスのポジション取りです。個人的に、サッカーをしている子ども達にこそ見てもらいたいポイントです。一瞬でマークを外す質が本当に高いです。やっていることは単純で、一番入り込みたい場所を空けておいて、ボールが来るまでは相手が自分から視線を外す瞬間を待ちます。視線を外したら、対応するディフェンダーの死角に入り込んで、狙ったポジションに向けてタイミングよく飛び込むというもの。逆に、至恩とかがタッチライン際の深い位置まで仕掛けてきたら、飛び込まずに立ち止まってスペースを作る&至恩のシュートコースを消さない。単純だからこそマークを外すのが難しいのですが、視線誘導とか動きのフェイクといった駆け引きの上手さが際立っています。アウェイ北九州戦やホーム群馬戦のゴールは、クロス前の駆け引きで勝負がついていました。また、孝司が注目されてマークが厳しくなると、2列目の至恩,善朗,ロメロがフリーで待ち構えることができるのです。アウェイ山口戦、善朗のゴールの2割くらいは孝司のおかげだと思っています。他にも、守備の追い方とかシュートを打つためのトラップとか、まさにFWの教科書です!

今日の相手は、第7節から新監督が指揮を執っている愛媛FC。中2日で体力的に厳しい日程ですが、J1復帰のためには立ち止まっていられない!4月最後を勝ちで締めくくろう!!

 
この記事は、フリーペーパー“AlbiWAY”のコラムです。続きは紙面でご覧ください。
AlbiWAY
Albirex+AWAY=AlbiWAY! アルビレックス新潟サポーター有志で制作から印刷、配布まで行うフリーペーパー「AlbiWAY(アルビウェイ)」です。試合の見どころやコラム、アウェイを楽しむ情報を中心に掲載し、アウェイ開催のスタジアムで配布しています!

オレラグはアルビレックスサポーターみんなでつくるサイトです。#オレラグでつぶやきお待ちしてます!