【AlbiWAY】本業を教えて!千葉和彦 by Ryu

【AlbiWAY】本業を教えて!千葉和彦 by Ryu
 
連勝街道を突き進む我らがアルビレックス新潟。アルベルト監督の戦術が浸透し、成熟度の高いチームになっている。スタートダッシュを決め、勢いに乗るアルビレックスだが、今のサッカーを続けるうえで重要な役割を担っている選手がいる。
 
それが、今日紹介するYouTuberの…いや、DFの千葉和彦である。10年ぶりに戻ってきた千葉ちゃんは、正真正銘のムードメーカー。ピッチ内ではプレーで、ピッチ外では笑いでチームのリズムを作っている。今シーズンのチーム初ゴールを決めるなど、新たな顔として活躍している千葉ちゃんの良さは、しっかりと考えられたプレーと落ち着きである。アルビレックスのサッカーは、CBやボランチがボールに触る回数が多い。よくある縦に早いだけのサッカーと違い、プレスに来た相手をパスでいなしながら主導権を握っていくスタイルだからである。一方で、相手にしてみればCBやボランチで奪えばビッグチャンスなので、パスコースを切りながら一気に襲い掛かる。ここで重要なのが、焦って蹴り出さないことと、いいポジションをとることである。焦って蹴り出せば相手の狙い通りで、いいポジションが取れなければ、キーパーに返して大きく蹴ってもらうしかない。勢いをもってボールを奪いに来る選手を一人で対処するのは本当に難しい。だからこそ、ボールを逃がすことのできるポジションをとっている千葉ちゃんは、落ち着いて対処できている。
 
さらにすごいのが、千葉ちゃんはボールを受けたら、自分で持ち運ぶ選択肢も持っているということだ。視点を変えることができれば、その分相手もプレスのかけ方を変えなければならない。まさに厄介な選手である。もちろん本職のCBとしてもいいポジショニングができているので、相手がドリブルで抜けたり、クロスに飛び込んだりした所に千葉ちゃん!なんてシーンが結構ある。それでもって、縦に鋭いボールを入れたり、相手の様子を見て逆サイドに展開したり、…え?ボランチがするような仕事をCBがやってない?!そんな感じで守備では頼れるCB、攻撃ではスイッチを入れたり、セットプレーのターゲットになったりと攻守にわたってアルビレックスの勝利を支えている。
 
今日の相手はJ3から昇格し、初めてJ2で戦うSC相模原。どんな相手だろうとアルビレックスのサッカーを魅せるのみ!アウェイ席を盛り上げましょう!(千葉選手のサンクスチャンネルもぜひ登録してくださいね!)
 
この記事は、フリーペーパー“AlbiWAY”のコラムです。続きは紙面でご覧ください。
AlbiWAY
Albirex+AWAY=AlbiWAY! アルビレックス新潟サポーター有志で制作から印刷、配布まで行うフリーペーパー「AlbiWAY(アルビウェイ)」です。試合の見どころやコラム、アウェイを楽しむ情報を中心に掲載し、アウェイ開催のスタジアムで配布しています!

オレラグはアルビレックスサポーターみんなでつくるサイトです。#オレラグでつぶやきお待ちしてます!